どのくらい貰えるの?


日本国内にはおよそ百数十万人のB型肝炎の持続感染者がいると言われていますが、その原因と言われているのが集団予防接種です。学校などに通うと全生徒を対象におこなう予防接種が今もありますし、それ以前に生まれてから必須となっている予防接種もあります。こうした予防接種は非常に大切なものですが、昭和23年から昭和63年までの間はこの集団予防接種において注射器の連続使用がありました

お金これによってB型肝炎の感染者が増えてしまったということで、各地で国を相手に訴訟が起こされました。もちろん、この期間以降は予防接種を受ける人ごとに注射器を変えるようになっているのですが、この期間内に予防接種を受けた人は連続使用もあったため、この期間内に予防接種を受けた人に関してはB型肝炎が認められた場合に国から給付金を受けとることができるようになっているのです。

そして、その金額は病状に応じて異なりますが、50万円から3600万円となっています。さらに、この期間に予防接種を受け、そのお子さんがB型肝炎になったようなケースでも同様に国からの給付金を受け取ることができるようになっていますので、この事実を把握した上でしっかり受け取っておきましょう。