B型肝炎には給付金が


放っておくと肝硬変などになってしまう恐れなどがあるのがB型肝炎です。その感染経路などは様々なものがあると言われていますが、国内に現在存在する百数十万名の持続感染者に関して、その多くが予防接種が原因と考えられています。もちろん、すべての方が必ず予防接種によって感染したとは限らないのですが、その可能性が高いと言われているのです。

女の子なぜなら、今も昔も日本では人が生まれたあとに様々な集団予防接種がおこなわれます。これは今もおこなわれており、それぞれの予防接種が非常に重要な存在になっています。何かしらの病を防ぐための接種ですから、親御さんとしては我が子に当然のように受けさせようと思うわけです。しかし、かつての日本では杜撰な予防接種がおこなわれていました。どういうことかと言えば、注射器の使いまわしです。つまり、誰かに使用した注射器を廃棄せずにまた誰か別の人の予防接種にも使用していたのです。

これによって注射器を介して人々に感染していったと言われており、国はその責任を追及されました。そして、その結果として国は特定の期間に集団予防接種を受けた方の中でB型肝炎を発症した方に関しては給付金を支払うという流れになりました。そのため、B型肝炎に関しては条件を満たせばこうしたお金を受け取ることができるわけです。ここでは、どれぐらいの金額どのような方法で受け取れるのか、B型肝炎の給付金のイロハをお届けしていきます。