どこから貰えるのか?


注射B型肝炎に関する給付金は国が支払ってくれます。予防接種をおこなったのは様々なレベルでおこなわれてきましたが、その責任をすべて国がとることで決まっています。そのため、B型肝炎になり、その給付金を受け取ろうとする場合には国に対して請求をおこなうこととなります。しかしながら、そのほかの給付金の場合には申請書を出せばそれで終わりですが、個別に給付金に関してB型肝炎の訴訟を起こす必要があります。

給付金を受け取りたいと考える人が給付金を受け取る条件に当てはまっているのかを裁判所がチェックする必要があるためです。つまり、国を相手にした国家賠償請求訴訟を起こして国との間で和解などの結論を得て、その上で給付金を受け取るという流れになっています。そのため、よくある一般的な給付金よりは手続きも少々複雑となっています。

しかしながら、この給付金を受け取っている方はすでに多くいますし、そのサポートを全国の弁護士もおこなっています。そのため、弁護士に依頼をすればスムーズに各種手続きを進めていくことが可能となっています。受け取ることのできる金額も大きいため、こうした手続きを経て給付金をきちんと受け取っておきましょう。