どこから貰えるのか?

注射B型肝炎に関する給付金は国が支払ってくれます。予防接種をおこなったのは様々なレベルでおこなわれてきましたが、その責任をすべて国がとることで決まっています。そのため、B型肝炎になり、その給付金を受け取ろうとする場合には国に対して請求をおこなうこととなります。しかしながら、そのほかの給付金の場合には申請書を出せばそれで終わりですが、個別に給付金に関してB型肝炎の訴訟を起こす必要があります。

給付金を受け取りたいと考える人が給付金を受け取る条件に当てはまっているのかを裁判所がチェックする必要があるためです。つまり、国を相手にした国家賠償請求訴訟を起こして国との間で和解などの結論を得て、その上で給付金を受け取るという流れになっています。そのため、よくある一般的な給付金よりは手続きも少々複雑となっています。

しかしながら、この給付金を受け取っている方はすでに多くいますし、そのサポートを全国の弁護士もおこなっています。そのため、弁護士に依頼をすればスムーズに各種手続きを進めていくことが可能となっています。受け取ることのできる金額も大きいため、こうした手続きを経て給付金をきちんと受け取っておきましょう。

どのくらい貰えるの?

日本国内にはおよそ百数十万人のB型肝炎の持続感染者がいると言われていますが、その原因と言われているのが集団予防接種です。学校などに通うと全生徒を対象におこなう予防接種が今もありますし、それ以前に生まれてから必須となっている予防接種もあります。こうした予防接種は非常に大切なものですが、昭和23年から昭和63年までの間はこの集団予防接種において注射器の連続使用がありました

お金これによってB型肝炎の感染者が増えてしまったということで、各地で国を相手に訴訟が起こされました。もちろん、この期間以降は予防接種を受ける人ごとに注射器を変えるようになっているのですが、この期間内に予防接種を受けた人は連続使用もあったため、この期間内に予防接種を受けた人に関してはB型肝炎が認められた場合に国から給付金を受けとることができるようになっているのです。

そして、その金額は病状に応じて異なりますが、50万円から3600万円となっています。さらに、この期間に予防接種を受け、そのお子さんがB型肝炎になったようなケースでも同様に国からの給付金を受け取ることができるようになっていますので、この事実を把握した上でしっかり受け取っておきましょう。

知らない人も多い事実

B型肝炎になり、特定の時期に集団予防接種を受けたことがある方であれば、給付金を受け取ることができるという事実を意外にも知らない方が多いものです。ニュースなどでも報じられていますし、様々な団体などが広報に努めていますが、それでも情報が届いていない方も多いと言われています。そのため、B型肝炎になっているのにこれまで給付金が払ってもらえるという事実を知らずに今日まで過ごしてきた方もいるはずです。

病院もしも、自分自身がそのような状況にあるのであれば、早期に給付金を受け取ることを考えておきたいものです。B型肝炎になり、その治療を進めていくということになれば当然ながら大きなお金がかかってきます。しかし、給付金を受け取っていない状況で治療となれば当然ながらすべての費用は自腹になってしまいます。その点、給付金があれば医療費用に関しても問題ありません。

こうした個人負担を軽減する意味での給付金でもありますので、自分が各種条件に当てはまり、給付金を受け取ることのできるひとりということがわたった場合には、きちんと給付金を受け取っておきましょう。親子二代で受け取るケースもあるなど条件も様々なので、まずは受け取る条件を把握しましょう。

B型肝炎には給付金が

放っておくと肝硬変などになってしまう恐れなどがあるのがB型肝炎です。その感染経路などは様々なものがあると言われていますが、国内に現在存在する百数十万名の持続感染者に関して、その多くが予防接種が原因と考えられています。もちろん、すべての方が必ず予防接種によって感染したとは限らないのですが、その可能性が高いと言われているのです。

女の子なぜなら、今も昔も日本では人が生まれたあとに様々な集団予防接種がおこなわれます。これは今もおこなわれており、それぞれの予防接種が非常に重要な存在になっています。何かしらの病を防ぐための接種ですから、親御さんとしては我が子に当然のように受けさせようと思うわけです。しかし、かつての日本では杜撰な予防接種がおこなわれていました。どういうことかと言えば、注射器の使いまわしです。つまり、誰かに使用した注射器を廃棄せずにまた誰か別の人の予防接種にも使用していたのです。

これによって注射器を介して人々に感染していったと言われており、国はその責任を追及されました。そして、その結果として国は特定の期間に集団予防接種を受けた方の中でB型肝炎を発症した方に関しては給付金を支払うという流れになりました。そのため、B型肝炎に関しては条件を満たせばこうしたお金を受け取ることができるわけです。ここでは、どれぐらいの金額どのような方法で受け取れるのか、B型肝炎の給付金のイロハをお届けしていきます。